【ソラウミ】ソラとウミのアイダはモンストのパクリ?似ている点や違いを比較してみる

先日リリースされたゲーム「ソラとウミのアイダ」ですが、モンストと戦闘システムが似ていることからモンストのパクリではないかという声が上がっています。

そこでソラウミがモンストと似ている点と違いなどを比較してみたいと思います。



戦闘システム

4体編成でパーティを組んで味方に当たると友情コンボが発動するというとこからモンスト臭しかしません。

モンストと違うところ

ソラウミは味方に当ててなおかつ敵にぶつかればぶつかった敵に向かって友情コンボの攻撃が行き渡ります。

直殴りはダメージがそこまで通らず、友情でダメージを与えてなんぼなゲームです。

 

ストライクショット

ソラウミは守護神ごとに一定のターンが経過すると神通力という必殺技的なものを発動できます。

モンストのストライクショット的な感じですね。

モンストと違うところ

神通力を使ってもターンが消費されず、神通力をつかった後も通常攻撃や、別の必殺技のブンを行うことが可能です。

よって1ターンで一気に押し切ったりピンチを切り抜けられる可能性が高まります。

 

ブン&大号令

ブンゲージが溜まると守護神最大4体を一斉に動かして攻撃するモンストで言う大号令みたいなのが使えます。

モンストと違うところ

大号令と言えばルシファーやクシナダなどが使えるストライクショットが代表的です。

ブンは神通力とはまた別の第2の大技。つまりストライクショットとはまた別の大技です。

神通力を使った後にそのターン内でブンも使うことができるので1ターン内で一気に押し切ることが可能です。

 

運極がない

モンストでは運極にするために降臨クエストを沢山周回すると思いますが、ソラウミには運極がありません。

降臨イベントを周回する理由としては進化素材を集めるためです。

モンストの運極作りは途中までやったら中途半端なラックでは後に引けないので作るか作らないかやる前から決めておくのが理想です。

ソラウミは運極がないので、降臨では進化素材を集めておけば後々使い道が出てくるので降臨イベントは周回するかしないか決める必要なく気軽にプレイできます。

 

候補生

メインストーリーや候補生ストーリーなどのストーリー性あり。

候補生の育成や交流要素もあり。

モンストと同じ4体編成ながらもソラウミは守護神(モンスター)+候補生(キャラ)のセットになります。

守護神の属性によって相性の良い候補生がいたり、候補生の育成や調子によってステータスなどに差が出てきます。

 

 

 

低レアリティも強化次第で使える

モンストは☆5→☆6キャラが主体で☆4→☆5キャラはゴミ扱いです。

ソラウミは被りで限界突破ができ、低レアリティほど被りやすいため限界突破と進化次第で高性能なキャラとしてクエストで活躍できます。

 

まとめ

戦闘システムのぱっと見だけはモンストと似いてるものの、全体的な要素を見てみるとモンストとは別ゲー的な要素が多いです。

スマホゲームは日々沢山リリースされていていろんなゲームでも似たり寄ったりのゲームが多くなってきてます。

なので少し他のゲームと似ている部分がでてくるのは仕方がないことでしょう。

以上のことから、戦闘システムがモンストと少し似ている程度で、全体的にはモンストとは別ゲーと言えるでしょう。

iTunes&Googleplayギフトをお得に買うなら

関連記事



今話題のゲーム






コメントを残す