【ポケ森】課金要素は実際良心的ではない?!リーフチケットが必要な場面

どうぶつの森ポケットキャンプが配信されました!

以前配信前に課金アイテムのリーフチケットの値段も良心的で、課金要素もそんなに酷くなくて安心と話題になっていました。

リリースされて実際に課金要素はどの程度なのかを話していきたいと思います。



配信前の課金要素の話題

任天堂ダイレクトより、リーフチケットは家具の完成を早送りするアイテムと紹介されました。

家具は完成まて待てばいいので課金してまで早送りするほどでもないと誰もが思っていたでしょう。

 

鉱山に行くのにリーフチケットが必要という情報は出ていました。

ただしフレンド5人に助けを借りればリーフチケットなしでも行けるという情報もあったことから安心した人も多いでしょう。

 

実際にリーフチケットが必要な場面

とあみ&ハチミツ

魚を大量に釣るための「とあみ」と虫を大量に捕まえるための「ハチミツ」ですが、これらはリーフチケットが15枚必要ということでした。

これらはある程度リーフチケットが必要ということぐらいは予想できていましたが、1回15枚必要なのは予想以上でしたね。

無暗に使いまくっていたら最初にしずえチャレンジで集まったリーフチケットもすぐ無くなってしまいそうです。

 

鉱山には20枚必要

鉱山に行くのにリーフチケットが必要という情報は出ていましたが、1回20枚も必要ということでした。

1日1回行けるの、30日行ったら1ヶ月で600枚も使うことになります。

 

リーフチケットのお値段

お値段は20枚で120円です。(1枚6円)

120円で鉱山1回分なので、1日1回鉱山に行くのに月3600円かかります。

 

一番お得なのは1200枚で4800円。(1枚4円)

鉱山1日1回行って2ヵ月分です。

 

1日ジュース1本我慢すれば買える程度という考えで良いと思いますw

 

まとめ

販売枚数と値段だけ見ると結構良心的に見えましたが、実際リーフレットを使う場面での必要枚数が多かったですね。

無料アプリなのでこの程度は妥当ではないでしょうか。

個人的に任天堂ブランドに安心感があり、安心して課金できるというのはあります。

今判明している段階で書いているのでまた判明次第追記します。

iTunes&Googleplayギフトをお得に買うなら

関連記事



今話題のゲーム






コメントを残す