【ポケ森】バザーの売れ筋を良くする品揃え。レアな虫や魚が再安値でも売れない理由

どうぶつの森ポケットキャンプではバザーに出品することでフレンドや他のプレイヤーが購入してくれればベルを稼ぐことができます。

また、自分が他のプレイヤーからバザーで欲しい素材を買うことができます。

そんなバザーですが、どういった品揃えなら売れるのか考えていきましょう。



レアな虫や魚が売れない理由

レアな虫や魚は売れれば儲けは大きいため、自分が儲けたいがゆえに出品している人をよく見かけます。

しかしレアな虫や魚は最安値で出品しても売れません。

それは需要がないからです。

レアな虫や魚は現状、売却するしか使い道がありません。

バザーで設置できる最安値は、通常の売却の2倍の価格となります。

バザーから最安値で買ってもその半額の値段で売却をするしかないのです。

今のところレア素材は使い道がないのでバザーには出さずに手持ちに残しておきましょう。

需要がある物が売れる

このゲームでアイテムはどの場面で使うか考えてみましょう。

基本的に果物、虫、魚はどうぶつに渡すのに使います。

このゲームはどうぶつのなかよし度を上げるゲームですよね。

どうぶつと仲良くなるためにはどうぶつに物を渡すことです。

今のところどうぶつはレアな物は要求してきません。

レア度の低い物を要求してきます。

 

フルーツ

フルーツは最も需要と供給のバランスが取れています。

フルーツは欲しがるどうぶつが多く、3時間に一回か入手できません。

え、フルーツなんかタダで手に入るもんが売れるの?!と思う方もいると思います。

実はフルーツはアカウントごとに手に入りやすいフルーツと手に入りにくいフルーツがあります。ここが需要と供給のバランスのポイントです。

ナミナミ川で取れるフルーツを確認しよう

ワサワサの森では3時間おきに全種類のフルーツが取れます。

もう1ヶ所、ナミナミ川では2種類のフルーツが取れます。

実はこのナミナミ川で取れるフルーツはアカウントごとに違います。

例えばナミナミ川でリンゴとさくらんぼが取れる場合、自分はリンゴとさくらんぼだけ3時間おきに6個取れます。

他のフルーツは3時間で3個ずつしか取れないため、リンゴとさくらんぼ以外のフルーツが不足します。

ナミナミ川のフルーツがリンゴとさくらんぼじゃない他のプレイヤーはリンゴとさくらんぼが不足しているので自分が有り余っているリンゴとさくらんぼを出品してあげると、リンゴとさくらんぼが不足しているプレイヤーが購入してくれます。

なのでフルーツは最も需要と供給のバランスが良いのでバザーに最も出品すべき商品です。

 

魚も要求してくるどうぶつも多いです。

魚は種類が多いためどうぶつの要求を受けてから即席で調達してくるには少々面倒です。

また、影の大きさで予測しなくてはいけないため、捕まえるまでは目に見えないので欲しい魚が釣れるまで時間がかかってしまう場合があります。

その時間と手間を短縮するためにバザーで買うという選択肢が生まれてきます。

ちゃんと需要がある低レア度の魚を出品しよう。

要求される魚で高レアな魚でもせいぜいタイぐらいです。

 

商売のセンスが問われる

つい自分が一撃で儲けたいがあまりにレアな物を高額で出品したがる人が見られます。

先程もお伝えした通り、レアな虫や魚は重要がないです。

自分の儲けより、お客さんの需要を優先に考えましょう。

「〇〇のバザーにはいつも欲しい物が安く出品されている」

と認識されてリピーター獲得に繋がります。

最終的にリピーターが自分にとって資産となり、長期的に見て儲けに繋がります。

 

転売屋さんがいる

他のプレイヤーのバザーで最安値の商品を買い漁って自分のバザーで少し高く商品するという転売屋さんもいます。

人によっては、フレンドのためにと思って安く出品したのに転売されてて悲しい

という人もいるようです。

人によって捉え方が違うようですが、自分はフレンドだろうが転売屋さんだろうが自分のバザーから買ってくれたことには変わりないので全然OKです。

バザーでは最安値でも通常売却より倍の値段になりますから、お客さんが転売屋さんであっても通常売却するよりお得になります。

自分にとって余ったから不要な物でかつ重要がある物を出品したいですね。

そうすれば誰に買われても自分にとっては利益になるので転売屋さんであっても納得できると思います。

iTunes&Googleplayギフトをお得に買うなら

今話題のゲーム

関連記事






コメントを残す