【ポケ森】リーフチケットのおすすめの使い道とおすすめできない使い道

どうぶつの森ポケットキャンプではリーフチケットを使って様々なことができます。

序盤はしずえチャレンジである程度のリーフチケットは獲得できますが、達成済みになると後半ほとんど手に入らなくなってしまいます。

そんな限られたリーフチケットを上手に使うためにおすすめの使い道と、おすすめできない使い道を紹介したいと思います。



おすすめの使い道

アイテム所持上限を増加

アイテムの所持枠が少ないと一杯になる度に売却したりバザーに出品したりと面倒でストレスが溜まります。

ストレスなくゲームを楽しむためにアイテム所持枠には余裕をもちたいところです。

どうぶつの欲しいアイテムを即座に渡せるようにするためにある程度のアイテムをストックしておけば要求されてもすぐに渡すことができます。

アイテム枠に余裕がないとアイテムをストックできずにどうぶつから欲しいものを要求されてから調達する場面も多くなります。

ゲームをスムーズにかつ快適に遊ぶためにアイテム所持枠は拡張しておきましょう。

 

クラフト枠の増加

序盤で一気に家具を作ってキャンプ場利用者を増やしてスタートダッシュをかましたいなら序盤からクラフト枠を増やすのがおすすめです。

序盤で作れる家具は必要素材も少なくてサクサクと家具が作れるのでクラフト枠があるとどんどん家具を作ってキャンプ場利用者を早く集めることができます。

キャンパーレベル10になるとクラフト枠は1つ解放されるので、レベル10までクラフト枠の増加なしでやってきてたら、少し考え物かもしれません。

序盤ならスタートダッシュを決めるのにクラフト枠の増加はありでしょう。

 

おすすめできない使い道

ハチミツやとあみ

虫や魚を効率よく集めるためにハチミツやとあみなどにリーフチケットを使うという手段があります。

要するにソシャゲ的な考えで虫と魚のガチャですね。

今のところどうぶつはレアな虫や魚を要求してくることはなく、ほとんど通常の虫網や釣り竿で釣れる物ばかりです。

要するにレアな虫や魚を手に入れる必要性があまりないのです。

 

クラフトの時間短縮

家具は時間が経てば完成するものなので急いで完成させる必要はないです。

それ以前にどのみち早く家具を作ろうとしても素材を早く消費してしまうので素材集めが間が合いません。

時間がかかる家具が完成まで待っている間に素材集めに専念した方が良いでしょう。

 

悩みどころ

クラフト素材をチケットて補う

家具のクラフトに必要な素材が足りない時はチケットで補うことができます。

早く家具作ってキャンプ場にどうぶつを集めれば素材が集めやすくなることを考えたら見返りはあります。

ただ無課金でも素材は地道ながらも集められるのでここにチケットを使うのは悩みどころですね。

 

鉱山

リーフチケットを20枚使えば鉱山に入ることができます。

丁度欲しい素材がもらえる時間帯でピンポイントで使うのはありかもしれません。

ただ、フレンドに協力してもらえば1日1回無償で入れるのでわざわざ20枚もはたいて入る必要性はないかもしれません。

有償鉱山は恩恵が大きくなるというわけでもないので20枚もはたいて鉱山に入るのは少し悩みどころです。

iTunes&Googleplayギフトをお得に買うなら

関連記事



今話題のゲーム







コメントを残す